留学おすすめ情報

半年だけの大学留学ならクォーター制のコミュニティカレッジがおすすめ!

投稿日:

半年だけの大学留学

現在、日本の大学に通われている方や、社会人の方の中には、「半年だけ海外の大学に留学したい」と考えている方もたくさんいるかと思います。

実は日本と開始・終了時期が異なる海外の大学に留学する際に、意外と半年留学というのは区切りが悪く、なかなか理想の留学スケジュールが作れないという悩みも多いと聞きます。

そこで今回は、比較的日本のスケジュールに合わせやすいアメリカのクォーター制(4学期制)の大学、その中でもコミュニティカレッジ(公立2年制大学)への半年留学をおすすめしたいと思います!

なぜクォーター制?

弊社はアメリカ大学留学専門ということで、まず初めにアメリカの大学のシステム(学期制)をご説明したいと思います。

アメリカの大学には大きく分けて、

  • 2学期制(セメスター制)
  • 4学期制(クォーター制)

以上2つのシステムがあります。

このうち、アメリカのほとんどの大学が採用しているのが2学期制(セメスター制)です。2学期制の場合、通常は、

  1. 【秋学期】8月後半~12月中旬
  2. 【春学期】1月後半~5月中旬
  3. 【サマーセッション(夏休み)】6月~8月頃

以上のように約16週間の秋・春の2学期がメインとなります。サマーセッションは夏休み期間中でも少しだけ授業が取れる補助的な期間となります。

一方、ワシントン州やオレゴン州など西海岸に多い4学期制(クォーター制)の場合、

  1. 【秋学期】9月中旬~12月中旬
  2. 【冬学期】1月頭~3月中旬
  3. 【春学期】4月頭~6月中旬
  4. 【夏学期】7月~8月

このように、通常は約11週間の秋・冬・春の3学期+8週間ほどと短い夏学期の年間4学期となります。

2つを比べてみると、4学期制の方が2学期制よりも学期が短く、2学期制の場合、半年留学だと1学期(16週間)しか留学できないのが、4学期制の場合、2学期(22週間)とよりしっかりと留学できると言えるかと思います。

また、時期的にも4学期制であれば、日本の新学期にあたる4月から半年留学したい場合、春学期と夏学期で4月~8月までの留学。年度の後半に留学したい場合、秋学期と冬学期で9月~3月までとちょうどいいスケジュールを組むことができます。

以上のような理由から、弊社では半年のみの大学留学に4学期制の大学をおすすめしています。

なぜコミュニティカレッジ?

アメリカの大学に留学する際には、渡米前の英語力によって履修できるコースがことなります。

英語力がある場合

基本的には各大学で留学生用に入学基準を設けています。通常はTOEFLやIELTS、学校によっては英検も入学基準にあるところもあります。

各大学が定める上記のスコアをクリアできている場合は、現地のアメリカ人たちと同様に、大学課程(College Level)の授業を渡米後1学期目から履修することができます。

他には渡米後の1回だけのチャンスにはなりますが、現地で英語試験(Placement Test)を受けて、その結果次第ではTOEFLやIELTSなどを提出しなくても大学課程の授業を履修できる可能性がある大学もあります。

英語力がない場合

もし英語力がない場合や基準のスコアをクリアできていない場合、大学で留学生用の英語の授業を受ける「ESL」や「IEP」と呼ばれる語学プログラムを開講している学校もあります。

こちらのプログラムの場合、残念ながら現地のアメリカ人が履修するような大学課程の授業を受けることはできませんが、実際にアメリカの大学に通い、アメリカで生活しながら英語の授業を受けることができるというメリットはあるかと思います。

コミュニティカレッジをすすめる理由

大学課程で留学するにしても、語学プログラムに留学するにしても、弊社が半年の大学留学でコミュニティカレッジをおすすめする理由はいくつはあります。

  • 学費がリーズナブル
  • 少人数クラス
  • 入学基準

学費がリーズナブル

もちろん、予算的にも余裕があるという場合は、有名な4年制大学に留学するというのも大学課程であれ、語学プログラムであれかなり貴重な経験になると思います。

一方で、4年制大学は比較的学費が高い傾向があるので、もし色々と調べてみて予算的にちょっとという方はコミュニティカレッジを検討することをおすすめします。規模の大きい4年制大学には及びませんが、それでも思ったり施設が充実しているコミュニティカレッジもありますので、十分満足できる留学生活を送ることができると思います。

少人数クラス

4年制大学でもリベラルアーツ(少人数クラス)の大学もありますし、語学プログラムの場合、4年制大学でも少人数クラスの場合が多いので一概にメリットとは言えませんが、コミュニティカレッジの特徴として少人数クラスがあげられます。4年制大学に多い大講堂での授業ではなかなかクラスメートと話したり、教授に質問したりできないケースがありますが、少人数クラスはもう少し周りと近い環境なので留学生にはおすすめです。

大学課程の授業で言うと、どちらにしても大学卒業を目指す長期留学でない場合、3年次以上のより専門的な授業(Upper Course)は履修できないので、4年制大学でもコミュニティカレッジでも履修できる教科は変わりません。

入学基準

こちらも最初から語学プログラムのみの留学を希望の場合は関係ありませんが、「大学課程の授業を取ってみたい」という方には比較的英語による入学基準が低めの場合が多いコミュニティカレッジがおすすめです。4年制大学の場合、TOEFLの基準が80以上や高い大学だと100以上必要という学校もあったりしますが、コミュニティカレッジはほとんどが61以上、弊社紹介校では46以上という大学もあります。

4学期制のコミュニティカレッジ

ワシントン州

オレゴン州

資料請求

TEAM Sugi & 留学ポケットは、当サイトでご紹介しているすべてのコミュニティカレッジの日本正規代理店です。正規エージェントだからこそ、手数料無料で留学に関する各種手続きをサポートいたします。

まずは、資料請求からお気軽にお問い合わせください。

渡米までの安心サポート

紹介校入学手続き【無料】

 

ビザ申請サポート【無料】

 

滞在先手続き【無料】

 

-留学おすすめ情報

Copyright© 留学ポケット , 2019 All Rights Reserved.