コミカレ情報

留学後に困らないために!コミュニティカレッジのリアルな学費について知ろう!

更新日:

コミュニティカレッジ留学のリアルな学費について

留学する際に、やはり一番気になるのは留学後にどのくらい学費が必要なのかという点ではないでしょうか。

色々な留学サイト、または各学校のホームページをみると、1年間の概算の費用というものが出ています。しかし、この概算費用は、留学生が1学期に最低限履修しなければいけない単位数の12単位で計算されている場合が多く、通常実際には1学期に15単位ほど取ることが普通なため、予想していた金額よりも学費がかかってしまう場合があります。

日本の大学の場合、1年間で何単位を取っても学費が一定という場合が多いかと思いますが、アメリカの大学では単位数によって学費が変動するケースがあります。

そこで今回は、実際に1学期に15単位ずつ取った場合、コミュニティカレッジではどのくらいの学費がかかるのかについて書いていきたいと思います。

2学期制の場合

2学期制の場合、単位数でいうと、コミュニティカレッジ卒業までに60単位ほど取得する必要があります。

1年間2学期で15単位ずつ必須&選択科目を取っていくと卒業できる計算です。

弊社の紹介校の場合、カリフォルニアのコミュニティカレッジで、

  • 1学期15単位で4000ドル~5000ドルほど
  • 1年間(30単位)で8000ドル~10000ドルほど
  • 2年間(60単位)で16000ドル~20000ドルほど

学費でかかるような計算となります。

これに、もし入学時の英語力が足りず、大学の卒業単位に含まれない語学プログラム(ESL)からスタートしたりすると、さらに期間と費用が掛かってくるような形になります。

ESLの費用やシステムについては、こちらのページ(アメリカ・コミュニティカレッジのESLの費用)をご覧ください。

2学期制のコミュニティカレッジ一覧

カリフォルニア州
中西部

4学期制のコミュニティカレッジ

名前こそ4学期制となっていますが、基本的には1年間に3学期は必ず12単位以上履修する必要があり、3学期以上連続で履修すると1学期休みを取ることができます。4学期制で1年(1アカデミックイヤー)という場合、通常3学期分のことを言います。

4学期制は、卒業までに90単位ほど必要です。2学期制と4学期制では単位の数え方が異なるため、2学期制の60単位と4学期制の90単位は同じ単位数だと思ってください。

通常1学期に15単位ずつ取るため、1年間3学期で45単位、このペースだと2年間90単位で卒業できます。

弊社紹介校のワシントン州のコミュニティカレッジを参考にすると、

1学期15単位で3000ドル~4000ドルほど

1年間3学期(45単位)で9000ドル~12000ドルほど

2年間6学期(90単位)で18000ドル~24000ドルほどかかります。

これに、もし入学時の英語力が足りず、大学の卒業単位に含まれない語学プログラム(ESL)からスタートしたりすると、さらに期間と費用が掛かってくるような形になります。

ESLの費用やシステムについては、こちらのページ(アメリカ・コミュニティカレッジのESLの費用)をご覧ください。

4学期制のコミュニティカレッジ一覧

ワシントン州
オレゴン州

まとめ

以上がコミュニティカレッジ留学でかかるおおよその学費となります。

大体どこの大学へ行っても、卒業までの2年間で20000ドル前後の学費がかかり、もしESLへ通う場合には、追加して費用がかかると思っていただければと思います。

また、学費だけを見ると、カリフォルニアなど2学期制の大学の方が費用が安く留学できるように見えますが、滞在費なども合わせると同じ西海岸でもオレゴン州などの方がトータルでは安かったりします。もちろん出費には個人差もありますが、なるべく安く留学したい方には、比較的物価の安い田舎にある大学をおすすめしています。

資料請求

TEAM Sugi & 留学ポケットは、当サイトでご紹介しているすべてのコミュニティカレッジの日本正規代理店です。正規エージェントだからこそ、手数料無料で留学に関する各種手続きをサポートいたします。

まずは、資料請求からお気軽にお問い合わせください。

渡米までの安心サポート

紹介校入学手続き【無料】

 

ビザ申請サポート【無料】

 

滞在先手続き【無料】

 

-コミカレ情報
-

Copyright© 留学ポケット , 2019 All Rights Reserved.