アメリカ留学豆知識

経験者のリアルな声!コミュニティカレッジの費用はこれくらかかる!【Sugi's コラム】

更新日:

こんにちは!Sugiです。

学費同様に、お客様からよく質問されるのが、「実際、留学中ってどのくらいのお金がかかるのですか?」ということです。確かに、学校サイトや、留学代理店のサイトを見ると、おおよその費用を書いてありますが、実際にその金額で収まるのか不安はあるかと思います。

そこで今回は、実際にワシントン州のコミュニティカレッジに留学していた私Sugiの経験から、どれくらい費用がかかるのか、おおよそですが経験談を書いていければと思います。

学校の予想金額よりは費用がかかる?

正直申しますと、学校のサイトなどに書かれている予想費用よりはお金がかかると思ったほうがいいです。まず、学費のページでも書きましたが、ほとんどの学校は1学期の単位数を12単位に設定して計算しています。この12単位は留学生が留学中に取らなければいけない最低限の単位数であるため、実際には12単位より多い15~18単位ほどを履修する場合がほとんどです。日本の大学と違い、単位数によって授業料が変わります。ですので、学費は概算の費用よりもう少しかかることを覚悟しましょう。コミュニティカレッジですと、年間10000ドル前後(1ドル=120円計算で120万円ほど)はみておいた方がよいかと思います。

教科書代は節約できる?

教科書代や教材費は、実は節約できるポイントです。アメリカの大学の本屋さんでは、教科書は中古も売ってますし、友達に聞けば前の学期に同じ授業を取っていた生徒から安く教科書を譲りうけることもできます。頑張れば予想費用よりグッと節約できるポイントです。

意外とかかるのが食費

留学してみると意外とかかる費用としては、食費があげられます。4年制大学ですと、学校に食堂があって食べ放題プランのようなものがあるため、食費は節約できる傾向にあるのですが、コミュニティカレッジの場合、基本的にホームステイ先でご飯を出してもらうか、寮の場合だと自炊になります。ホームステイの場合、家でしか食べない場合はかなりお金も節約できるかと思いますが、もし友達と外食が多くなると結構お金もかかってきます。寮の場合は、自炊や外食などで日本で一人暮らしするのと同じくらい食費がかかってくるかと思います。

交通費は意外とかからない?

おもったよりかからない費用としては交通費があげられます。寮のあるコミュニティカレッジの場合、学校のすぐ近くにあるため交通費はほとんどかからず、ホームステイの場合は、比較的学校側がバス定期のようなものを発行している場合があるため、追加で交通費がかかることは少ないかと思います。留学中は移動範囲も学校と家の往復や少し町の中を動く程度ですので、交通費はあまりかからない傾向にあると思います。

旅行や遊ぶお金は自分次第!

せっかくアメリカに留学したので、旅行に行ったり、友達と遊びに行きたい!この部分が留学生の中でも大きく差が出るところだと思います。当たり前のことですが、旅行や遊びに多く行けばそれだけ費用がかかりますし、行かなければお金もかかりません。この部分は学校側の予想費用には基本的に含まれないところですので、追加でかかると思ってください。

結局どのくらいかかるのか?

結局のところ、各大学の予想費用では20000ドル(約240万円)ほどとなっていますが、プラス50万円ほどはかかると思ってよいかと思います。もちろん節約次第ではもっと費用を抑えることもできるかと思いますが、やはり10代20代と多感な時期ですので、思ったより費用がかかることは覚悟した方がよいかもしれません。

それでも一般的には4年制大学より安い!

それでも一般的には4年制大学へ留学するよりコミュニティカレッジに留学するほうが安いといわれています。将来的に4年制大学へ編入するにしても、まずはコミュニティカレッジで1,2年生の学費を節約するというのも一つの手です。また私自身、コミュニティカレッジ時代の成績のおかげで4年制大学の時は返済不要の奨学金を受け取っており、かなり助かった経験があります。このように編入後の奨学金獲得といった面でも良い選択かと思います。

学校選びのお手伝い&手続き代行はTEAM Sugi & 留学ポケットにおまかせください!

TEAM Sugi & 留学ポケットは、当サイトでご紹介しているすべての大学の日本正規代理店です。正規代理店だからこそ手続き代行手数料無料で留学のお手伝いをさせて頂いております。

まずは資料請求からお気軽にお問い合わせください。

-アメリカ留学豆知識
-,

Copyright© 留学ポケット , 2018 All Rights Reserved.