アメリカ留学豆知識

オレゴン州のコミュニティカレッジはここがオススメ!

更新日:

留学ポケットでご紹介しているオレゴン州のコミュニティカレッジ

オレゴン州ポートランドの近くにあるコミュニティカレッジ

オレゴン州のコミュニティカレッジのポイント

アメリカ人の中でも、住みたい街との声が多いポートランドを中心に、住みやすい場所として有名なオレゴン州。「オレゴン州といえば」と言われて1番に思いつくのが、「買い物に消費税がかからないこと(消費税0%)」ではないでしょうか。隣のワシントン州は大体7%〜10%ほどの消費税がかかる(ワシントン州は市や郡によって多少消費税がかわります)のに比べ、消費税が0%というのは留学生にとって嬉しいポイントですね。

オレゴン州の大学はほとんどがクォーター制(4学期制)です。留学ポケットでご紹介しているレーンコミュニティカレッジも4学期制です。

オレゴン州の4年大に編入を目指すなら有利!

オレゴン州のコミュニティカレッジには、AAOTやASOTと呼ばれるオレゴン州内の4年大編入用のプログラム(準学士号)があります。専攻などや編入したい大学が決まっている場合、このプログラムにそって授業を取っていくと、スムーズにオレゴン州内の4年大へと編入することができます。

学費、費用は?

4学期制の大学、特にコミュニティカレッジは、2学期制のコミュニティカレッジに比べ、少し学費が高くなりがちです。1年に受講するのが、3学期(必須)か、4学期かによって学費は変わってきますが、おおよそ年間9,000ドル〜12,000ドルほどの学費がかかってきます。

生活費は、同じ西海岸でもカリフォルニアに比べると高くはありません。生活費、学費合わせて、トータル費用では年間22,000ドル〜28,000ドル位は必要かと思われます。(個人差はあります)

英語条件

留学ポケットでご紹介しているレーンコミュニティカレッジに入学する際には、TOEFLやIELTSなどの英語試験のスコアを提出する方法と英語試験のスコアを提出せず、大学の英語試験を受ける方法の2つがあります。

英語試験のスコアを提出する場合、スコアによってスタートする授業がことなります。大学の英語試験を受ける場合、点数によって、大学課程からスタートするか、留学生用の英語授業からスタートするかが決まります。

まとめ

オレゴン州は消費税0%が魅力的です。また、すごしやすい州内の雰囲気もオススメポイントの1つです。学期は4学期制で、学費は少し高めです。その代わり生活費は西海岸では割安です。

資料請求

TEAM Sugi & 留学ポケットは、当サイトでご紹介しているすべてのコミュニティカレッジの日本正規代理店です。正規エージェントだからこそ、手続き代行手数料無料で留学のお手伝いをさせて頂いております。

まずは、資料請求からお気軽にお問い合わせください。

-アメリカ留学豆知識
-

Copyright© 留学ポケット , 2018 All Rights Reserved.