fbpx

Sugi's コラム 紹介校最新情報

オンラインSVIEPを体験してみました【Sugi's コラム】

更新日:

TEAM Sugi代表のSugiです。

2020年サマーセッションより、弊社紹介校のカリフォルニア州カニャダカレッジの語学プログラムであるSVIEP(Silicon Valley Intensive English Program)が新しくスタートさせた、オンラインで語学プログラムを受講できる「オンラインSVIEP(ONLINE SVIEP)」。その体験授業を受けてみました。

オンラインSVIEPとは?

SVIEPは、San Mateo Colleges of Silicon Valleyの3校(カレッジオブサンマテオスカイラインカレッジカニャダカレッジ)の語学プログラムとして通常はカニャダカレッジのキャンパスで受講できるプログラムですが、今回、オンラインでも受講できるオンラインSVIEPがスタートすることになりました。

オンラインのメリット

今までの教室で受講するプログラムとオンラインのプログラムを比較すると、オンラインのプログラムには以下のようなメリットが挙げられます。

  • Zoomを使った授業なので、日本でも受講できる!(アメリカに行く必要がない)
  • 日本で受講できるので、現地の滞在費用がかからない(費用を節約できる)

実際に教授(先生)やクラスメートと会うことができないというデメリットはありますが、現地の授業とほとんど変わらないクオリティの授業を費用を節約して受講することができます。

また、このオンラインSVIEPの特徴として、

以上のようなことが挙げられます。

授業の感想

実際に私Sugi(アメリカの大学卒業・ESL受講経験あり)がオンラインSVIEPの授業を体験してみた感想としては、英語を学ぶツールとしてはかなり「あり」だと思いました。

授業はZoomを使って行われます。基本的にはパワーポイントを見ながら教授(先生)が説明していく流れは教室で行われる授業と変わらないので違和感がありませんでした。(普段の授業ではパワーポイント以外にも工夫した授業も行われるようです!)

チャット欄で質問できるシステムは、なかなか英語がうまくなく、授業中に質問する勇気がでない学生にとっては気軽に質問できるのではないかと思いました。

グループワークなどをするのは難しいのかなと思いましたが、その点は教授(先生)たちが工夫しながら生徒が英語をマスターできるようにやっているそうなので、十分英語成長には良いプログラムだと思いました。

私自身、アメリカの大学時代にオンラインの授業を受講したことはあるのですが、オンラインのプログラムは教科書やファイルなどを見ながら自分で進めていく、教授の顔を見ることができないシステムでした。一方、リモート(Zoom)の授業は、教授(先生)の声を直接聞けますし、実際に交流しながら授業が進んでいくので今までのオンラインの授業より受講しやすいシステムなのかなと個人的には思いました。

スケジュール

スケジュールに関しては、まだ2020年夏しか出ていませんので、秋以降のクラススケジュールはわかりませんが、夏のスケジュールを見る限りですと、アメリカ(西海岸)の朝からクラスがスタートしているので、日本で受講する場合、深夜から朝にかけてとなります。

一方、アジア向けのプログラムとして、週末にアジア時間の合わせたプログラムも準備してあるようです。こちらは土日2日の受講で、午前からお昼過ぎまでのプログラムになっているようです。

スケジュールについて詳しくは大学の公式ページ(https://smccd.edu/sviep/OnlineSVIEP.php)をご覧ください。

留学へのFirst Step!

資料請求

まずはじっくり資料をみたい!という方はこちらのページから資料請求をお願いします。

資料請求はこちら

Web申込

すでに留学先を決めた!という方はこちらのページからお申し込みいただけます。

Web申込はこちら

渡米までの安心サポート

紹介校入学手続き【無料】

 

ビザ申請サポート【無料】

 

滞在先手続き【無料】

 

-Sugi's コラム, 紹介校最新情報

Copyright© 留学ポケット , 2020 All Rights Reserved.