コミカレ情報

クォーター制(4学期制)のコミュニティカレッジ

更新日:

4学期制(クォーター制)のコミュニティカレッジ

日本の大学では近年、4学期制(クォーター制)を採用する大学が出てきており、弊社にも4学期制の大学への留学の問い合わせが増えてきております。そこで今回は、4学期制の大学の仕組みと特徴について、さらには弊社でご紹介している4学期制のコミュニティカレッジ(2年制大学)のメリットについてご紹介していきたいと思います。

クォーター制は期間が短い

実は、アメリカでも4学期制(クォーター制)の大学は多いわけではなく、どちらかと言えば少数派です。日本同様、アメリカでも2学期制(セメスター制)の大学がほとんどです。

西海岸、その中でもワシントン州やオレゴン州の大学に多い4学期制ですが、特徴としては「1学期の期間が短い」ことがあげられます。

通常の2学期制の大学では、

  • 秋学期(8月末~12月初旬)
  • 春学期(1月末~5月中旬)
  • サマーセッション(6月~8月)

とメインの秋&春学期が各4ヵ月+サマーセッションで構成されています。

一方4学期制は、

  • 秋学期(9月中旬~12月中旬)
  • 冬学期(1月頭~3月中旬)
  • 春学期(4月頭~6月中旬)
  • 夏学期(6月末~8月初旬)

と夏学期だけ少し短く補助のような学期となりますが、メインの秋・冬・春学期は11-12週間(2か月半)で2学期制に比べると1学期間が短くなります。

クォーター制は毎日同じスケジュールが基本!

2学期制(セメスター制)では、期間が長い事もあり毎日同じ教科の授業を取ることはほとんどありません。月・水・金の週3の授業と、火・木の週2の授業の2種類が基本となります。通常、1学期に4-6教科履修します。

一方、4学期制(クォーター制)では、毎日同じ教科の授業がある場合がほとんどです。月曜日~金曜日まで(午後の授業は月~木までの場合もあり)毎日同じ時間に同じ授業があります。1学期に3-4教科履修が基本です。

毎日授業がある分、授業が進むペースも早いのが特徴。短い期間で、集中的に3-4教科を勉強していきたいという方におすすめです。

4学期制は実質3学期制?

クォーター制は年間4学期ありますが、実際に留学生が履修しなければいけないのは年間3学期です。単位を落とさず3学期以上連続で授業を取っていれば、1学期は休み(クォーターオフ)をとることができます。もちろん休まずに授業を取り続け、卒業単位を早めに取得できれば短い期間で卒業することも可能です。

1年以内の短期留学にもおすすめ!

4学期制には入学時期が

  • 4月
  • 6月末
  • 9月中旬
  • 1月

と年間4回あります。

また、学期終わりの時期も

  • 6月中旬
  • 8月後半
  • 12月中旬
  • 3月中旬

と4回です。その分柔軟に留学スケジュールを立てることができます。

例えば、日本の大学を1年間休学して留学する場合。日本の大学のスケジュールに合わせて4月から3月まで留学したいのであれば、クォーター制なら4学期しっかりと留学することができます。一方で、セメスター制(2学期制)だと、スケジュールが日本の大学と異なるため、うまく期間内いっぱい留学することができません。そういった点からも、1年未満の留学の場合は、クォーター制の大学がかなりオススメです。

クォーター制コミュニティカレッジのメリット

当サイトでは、アメリカのコミュニティカレッジ(2年制大学)を専門にご紹介していますが、その中でも4学期制のコミュニティカレッジに留学するメリットをご紹介したいと思います。

日本のスケジュールに合わせて計画できる

4学期制は2学期制に比べ、学期が短く分かれているため、スケジュールに柔軟性があります。

例えば、日本と同じように4月から入学したい場合。2学期制では学期途中となるため入学は難しいですが、4学期制の場合、4月から始まる春学期から入学できます。また、日本のスケジュールに合わせて3月に帰国したい方も、4学期制の場合、冬学期が3月に終わるため、ベストなタイミングで帰国することができます。大学休学留学や、社会人の方で留学したい方などにおすすめです。

短期間で集中してサクサク授業を進めたい!

2学期制に比べ、4学期制は1学期が短いのでサクサク短い期間で授業を進めていきたい方にもおすすめです。1学期あたりの履修する授業は4学期制の方が少なく、逆に1週間あたりの授業時間は4学期制の方が多いので少ない科目を短い期間で集中的に勉強したい方におすすめです。

早めに大学課程をスタートさせたい!

もし、ESL(英語集中プログラム)から留学をスタートさせる場合、4学期制の方がターム(学期)が短いこともあり、レベルが上がっていくのが早い傾向があります。早めにESLを終われせて大学過程に進みたい方にもおすすめです。

ESLについて詳しくはこちらのページ(アメリカ・コミュニティカレッジのESLの費用)をご覧ください。

また、2学期制にも共通しますが、コミュニティカレッジの方が4年制大学より英語力や高校の成績など入学基準が低い場合が多いのも特徴の一つです。まずは早めにコミュニティカレッジ大学過程を始めて1,2年次を学び、その後3年次から編入するというのも方法の一つです。

留学ポケットでご紹介している4学期制のコミュニティカレッジ

留学ポケットでは、ワシントン州6校、オレゴン州2校のクォーター制のコミュニティカレッジをご紹介しております。

ワシントン州

オレゴン州

上記のコミュニティカレッジへの留学に興味のある方は、ぜひ、弊社資料請求ページよりお問い合わせください。

資料請求&留学相談

TEAM Sugi & 留学ポケットは、当サイトでご紹介しているすべてのコミュニティカレッジの日本正規代理店です。正規エージェントだからこそ、ベーシックプランでは代行手数料無料で留学までの手続きをサポートしています。

まずは、資料請求、または留学相談よりお気軽にお問い合わせください。

渡米までの安心サポート

紹介校入学手続き【無料】

ビザ申請サポート【無料】

滞在先の手続き【無料】

-コミカレ情報
-

Copyright© 留学ポケット , 2020 All Rights Reserved.