fbpx

Sugi's コラム 留学おすすめ情報

アメリカの大学に安く留学&卒業する方法【Sugi's コラム】

更新日:

こんにちは!TEAM Sugi代表のSugiです。

先日、弊社提携先(ワシントン州のコミュニティカレッジ)の留学生担当の方とお話しした際に、

「私の大学(コミュニティカレッジ)に留学する生徒は、なるべく学費や費用を抑えようと思っている子も多い。今年も日本から来た学生が優秀な成績で卒業し、奨学金を獲得して4年制大学に編入したんだよ!」

といった会話になりました。

比較的お金がかかる傾向にあるアメリカ大学留学ですので、なるべく安く、費用を抑えて留学したい!といった方も多いかと思います。

コミュニティカレッジから奨学金獲得で3年次編入を目指す!

4年制大学へ編入を目指す

実は私自身、もともとワシントン州のコミュニティカレッジ(2年制大学)へ留学し、卒業後はウィスコンシン州の4年制大学に3年次から編入し卒業しています。アメリカでは留学生だけでなく、国内の学生でも学費の安いコミュニティカレッジから4年制大学に編入するという方が多くいます。

私の場合、編入する際にネックになったのが4年制大学の学費でした。お世辞にも裕福な家庭ではなかったので、学費の高い私立大学はもちろん、公立(州立)大学でも学費の高い4年制大学への編入はなかなか難しいものがありました。

学費の安い&奨学金のある大学を探す

そこで考えたのが、あまり有名でない大学でも学費の安い&奨学金のある大学への3年次編入でした。色々探してみると結構留学生用の奨学金がある大学が見つかるもので、その中でも一番条件に合いそうなウィスコンシン州の州立4年制大学へ編入を決めました。この大学では、私の場合コミュニティカレッジの成績(GAP)が3.0以上あったため、年間約7,500ドルほどの奨学金(学費から割引)を受け取ることができました。元々の学費が年間15,000ドルほどだったので、年間の学費は7,500ドルほど。半分近い学費を節約することができました。コミュニティカレッジ時代の学費が年間10,000ドル前後だったので、むしろ編入後の方が学費が安くなったくらいでした。

私のはほんの一例ですが、先日お話しした大学の生徒も、ワシントン州のコミュニティカレッジからミネソタ州の4年制大学へかなりの額の奨学金を獲得して編入することができたそうです。

アメリカでも「有名な大学を卒業したい!」という場合、やはり有名な大学は比例するように学費も高い傾向があるので、ある程度の資金がないと卒業は難しいかと思いますが、中には学費が安くても質が高く、良い大学というのは意外とあります。留学の仕方次第では費用を大きく抑えることも十分可能だと思います。

編入後に4年制大学で奨学金を獲得するポイント!

コミュニティカレッジから4年制大学に3年次編入し、さらに奨学金を獲得するためには大きなポイント2つがあると思います。

  • 高いGPA(評定平均)でコミュニティカレッジを卒業すること
  • 編入先の情報をたくさん持っているコミュニティカレッジに通うこと

GPA(評定平均)の大切さ

4年制大学で奨学金の獲得を目指すうえで大切なのが、より高いGPAを持っていることです。奨学金の申し込みをする際に、GPAを判断基準とする場合がたくさんあります。

もし高校を卒業してすぐに4年制大学に通う場合は高校の成績が判定材料となります。条件は各大学によって異なりますが、私が見た事がある奨学金の募集内容だと、低くても5段階評定で4.0以上、高い場合4.5以上やそれ以上というところもあります。

コミュニティカレッジから編入する場合は、コミュニティカレッジでの成績が判断材料となります。アメリカの大学の4段階評定だと、低くてGPA3.0以上、高くて3.5以上やそれ以上という条件が多いかと思います。

コミュニティカレッジでGPA3.0以上や3.5以上というのは簡単ではありませんが、不可能な数字ではありません。実際に私の周りでもしっかり学習していた人は3.5以上というのはかなりいました。

感覚的にはなりますが、学校によっての差もあるかと思いますが、日本の高校で高い評定平均を取るよりもコミュニティカレッジで高いGPAを取る方が簡単かもしれません。

もちろん勉強しなければ難しいかと思いますが、奨学金を目指すのであればしっかりGPAを高い数値を維持することが必須となります。

編入向きのコミュニティカレッジ

よく「編入率の高いコミュニティカレッジはどこですか?」と聞かれることがありますが、実はコミュニティカレッジから4年制大学への編入率というのはあまり大事な数字ではありません。大学の編入率は現地アメリカの学生も含まれますので、留学生の編入になると少し事情が異なります。

留学生が編入を目指す場合には、学校の編入アドバイザーに相談することが多くなりますが、実は大学によって、特に留学生用のオフィスが充実している大学では、「留学生用の編入アドバイザー」というのがいる大学があります。留学生用オフィスが充実しているカレッジ、編入に関するサポート&編入先の情報をたくさん持っているカレッジを選ぶというのも4年制大学へ編入する際に大切な要素です。

編入を目指す上でオススメのコミュニティカレッジ

弊社でご紹介しているコミュニティカレッジは、どの大学もとてもオススメですが、その中でも特に4年制大学へ編入&卒業を目指す方におすすめの大学をご紹介したいと思います。

オフィスのサポート抜群!寮完備で費用も安いカレッジ

オレゴン州のレーンコミュニティカレッジは、なんといっても留学生へのサポート体制が抜群!留学生オフィスのスタッフの数も多く、留学生用の編入アドバイザーもいるので気軽に編入の相談をすることができます。またコミュニティカレッジとしては珍しいシェアアパートタイプの学生寮も完備している点もオススメポイント!少し田舎にはありますが、学生寮の料金の安く、費用を節約したい方にはピッタリの1校です。

留学生は少ないがサポート抜群!ワシントン州の州都にあるカレッジ

ワシントン州のサウスピュージェットサウンドコミュニティカレッジは、あまり留学生が多い大学ではありませんが、逆に1人1人への丁寧なサポートに定評のあるカレッジです。滞在方法のホームステイも他のワシントン州のカレッジに比べると費用が安く、費用を抑えたい方にはオススメの1校です。

新しい学生寮&設備も充実!編入実績も十分のカレッジ

ワシントン州のエバレットコミュニティカレッジは、キャンパス内に2016年と2017年の完成したばかりの新しい学生寮があるのが特徴。少し学生寮のコストは高いですが、キャンパス内にあるため、クラスルームや図書館などの学校施設へのアクセスは抜群!時間を有効利用したい方におすすめのカレッジです。また編入実績も抜群ですので、編入を目指す方にもオススメのカレッジです。

その他にも様々な特徴を持ったオススメのコミュニティカレッジを多数ご紹介しております。もしコミュニティカレッジ留学に興味のある方はお気軽に弊社までご相談ください。

比較的コストの安い中西部の大学への編入を目指す!

エルジンコミュニティカレッジ

西海岸や東海岸に比べると比較的学費や生活費の安い中西部の4年制大学へ編入を目指すのであれば、イリノイ州のエルジンコミュニティカレッジがオススメ。学費は少し高いですが、ホームステイ代など生活費は安く、イリノイ州周辺の大学への編入実績も十分でオススメの1校です。

資料請求

TEAM Sugi & 留学ポケットは、当サイトでご紹介しているすべてのコミュニティカレッジの日本正規代理店です。正規エージェントだからこそ、手数料無料で留学に関する各種手続きをサポートいたします。

まずは、資料請求からお気軽にお問い合わせください。

渡米までの安心サポート

紹介校入学手続き【無料】

 

ビザ申請サポート【無料】

 

滞在先手続き【無料】

 

-Sugi's コラム, 留学おすすめ情報
-,

Copyright© 留学ポケット , 2020 All Rights Reserved.