Sugi's コラム 留学おすすめ情報

高校卒業後にアメリカの大学へ留学する -体験談- 【Sugi's コラム】

更新日:

TEAM Sugi 代表のSugiです。

弊社では、アメリカの大学(特にコミュニティカレッジ)への留学のサポートをしておりますが、お客様の中には、高校を卒業してそのままアメリカの大学に留学したいという方もたくさんいます。

まだ10代のうちに、言葉も文化も違う国の大学に通うということがどんな感じなのか。私自身、高校卒業後にアメリカの大学に留学してましたので、少しここで経験談を書いて、このページを読んでいただいている皆さんの参考にしていただければと思います。

高卒で留学するということ

英語面

高校卒業後のみに関わらず、日本から留学する上で一番苦労するのが語学面(英語面)かと思います。もちろん、留学するということは英語のマスター目指すということなので、英語は頑張らなければいけないのですが、今まで日本語で不自由のない生活してきたのが、いきなり英語での生活になるわけです。最初の頃は誰にとってもかなりのストレスがかかると思います。

私の場合、高校時代スポーツ(野球)に明け暮れていたこともあり、お恥ずかしい話ですが、全く英語の勉強をしておらず、「まぁアメリカに行けばなんとかなるでしょ!」とかなり安易な気持ちで留学してしてしまい、最初の頃はかなり大変でした。英語が聞き取れないだけでなく、そもそも話している単語の意味がわからなかったり、質問の意味が分からなかったりと普通に生活するのも難しいレベルだったと思います... これはかなりのストレスでした。

私の周りでは、日本でしっかり英語の勉強をしてきた人も多く、話すのはまだぎこちないですが、何となく単語がわかったり、何回か聞き直せばわかったりといった人が多かったと思います。そういった人は、留学すると英語の成長も早く、結構あっという間にアメリカでの生活にもなれることができていたように見えました。

これから留学を考えている人は、私のように「アメリカに行ってからなんとかしよう!」ではなく、少しでも英語力を上げてから留学するようにしてほしいなと思います。

生活面

生活面でも、高校卒業後10代での留学というのはなかなか大変かと思います。ホームステイの場合、英語を話す家庭に住むことになりますし、寮生活でも周りは英語で会話をします。アメリカ人も含め、他の国のそれぞれの文化を持った人たちと生活していくというのは、少しストレスはかかってくるかもしれません。

一方で、他の国の文化を知ったり、他の国の人たちと交流するというのも留学の醍醐味だと思うので、それを楽しむくらいの気持ちで行ったほうがいいかと思います。

個人的に生活面で一番きつかったのが、SNS(英語で言うとSocial Media)かもしれません。SNSでつながっている日本の友達の投稿をみると、日本で楽しそうにしている姿がうらやましく、ついつい日本に帰りたい気持ちになってしまったこともありました。現代ならではのホームシックですね。なかなか最初は英語の面などでもつらい事が多く、アメリカで楽しいことを見つけるのは難しいかもしれませんが、なるべく早く、「アメリカ、楽しいな!」ということを見つけることも留学成功の鍵かなと個人的には思います。

学習面

英語面とも関係してきますが、アメリカの大学に通うわけなので、もちろん授業は全て英語になります。

もし大学付属の語学プログラムからスタートした場合、英語で英語を習うことになります。これもなかなか大変です。

すでにTOEFLなどを取得していて最初から大学課程の授業からスタートの場合、英語で大学の授業をアメリカ人たちなどと一緒に受けることになります。これは相当大変です。

学習面は、語学プログラムからスタートしても、大学課程からスタートしてもかなりハードです。ただし、これこそが留学する一番大切なことで、あくまで「留学しにアメリカに行く」わけで、「遊びに行く」わけではないので、ここは多少つらくても絶対に将来のためになると思い、歯を食いしばって頑張ってほしいです。

最初のうちは...

高校卒業して留学というのは、ここまで書いたように最初のうちはかなり大変な人が多いと思います。ある大学の担当の方が言っていましたが、

「留学するというのは、普段右手で箸を持ったり、字を書いたりしている人が、突然左手しか使っちゃだめといわれるのと同じこと。普段通りのことができなくなるというのはすごくストレスのかかること。」

まさにこういうことです。

ただし、高校卒業して留学する方のほとんどは大学卒業を目指して長期留学すると思いますが、私自身の経験からすると、長くアメリカにいると、もちろん英語での生活にも慣れてきますし、絶対に最初の頃よりも楽しくなってきます。

留学したその先には、「英語を話せるようになる」「外国の友達ができる」「色々なことを知ることができる」とかけがえのないものを得ることができると思います。ぜひ留学したいと思っている方には、一歩を踏み出してほしいなと思います。

コミカレ留学という道

弊社は、アメリカのコミュニティカレッジ(公立2年制大学)を中心に大学のご紹介をしています。

コミュニティカレッジでは、

  • 大学2年分の単位を取得し、3年次から4年制大学に編入を目指す【編入コース
  • 日本の専門学校のように、2年で専門的なことを学ぶ【キャリアコース

この2つのプログラムで留学することができます。

また、英語が苦手、まだTOEFLやIELTSといった英語試験を受けたことがないという方向けに、英語を学ぶことから始められる【ESL(英語集中プログラム)】を提供しているコミュニティカレッジもございます。

一般的には、4年制大学よりも費用を抑えて留学することができます。【アメリカのコミュニティカレッジに進学するメリットとは?

資料請求&留学相談

TEAM Sugi & 留学ポケットは、当サイトでご紹介しているすべてのコミュニティカレッジの日本正規代理店です。正規エージェントだからこそ、ベーシックプランでは代行手数料無料で留学までの手続きをサポートしています。

まずは、資料請求、または留学相談よりお気軽にお問い合わせください。

渡米までの安心サポート

紹介校入学手続き【無料】

ビザ申請サポート【無料】

滞在先の手続き【無料】

-Sugi's コラム, 留学おすすめ情報
-

Copyright© 留学ポケット , 2020 All Rights Reserved.