コミカレ情報 留学おすすめ情報

アメリカのコミュニティカレッジに進学するメリットとは?

更新日:

コミュニティカレッジに進学するメリットとは?

こちらのページをご覧の方は、これからアメリカの公立2年制大学であるコミュニティカレッジに留学を検討されている方が多いかと思います。

日本の短期大学とは似ているようで少し異なるアメリカのコミュニティカレッジの魅力・メリットについてこちらのページではご紹介していきたいと思います。このページを読めばアメリカのコミュニティカレッジについて今よりもっと詳しくなること間違いなしです!

そもそもコミュニティカレッジとは?

日本ではあまり聞かないコミュニティカレッジですが、アメリカでの位置づけとしては、「Postsecondary Education(高校を卒業した後に通う教育機関)」となります。基本的には2年制の大学ですので、日本の短期大学に近い位置づけになります。

一方で、日本の短期大学と少し異なるのが、アメリカのコミュニティカレッジでは目的を大きく2つに分けることができます。

キャリアプログラム(職業訓練コース)

一つ目が、コミュニティカレッジ卒業後にそのまま就職を目指すキャリアプログラム(職業訓練コース)です。このプログラムでは、自分の専攻を決めてそれについて専門的に学習・実習をしていく場合が多いです。こちらのコースは日本の短期大学や専門学校に近いプログラムになるかと思います。

キャリアプログラム(職業訓練コース)について詳しくはこちらのページ(【キャリアプログラム】コミュニティカレッジの職業訓練コースとは?)をご覧ください。

4年制大学編入プログラム

もう一つが、4年制大学編入プログラムです。こちらは日本ではあまり馴染みのないプログラムですが、基本的には4年制大学の1,2年次の課程をコミュニティカレッジで修了させて3年次から4年制大学へ編入するというプログラムです。

2学期制(セメスター制)の場合
1年目(コミュニティカレッジ)
秋学期(9月~12月) 15単位
春学期(1月~5月) 15単位
2年目(コミュニティカレッジ)
秋学期(9月~12月) 15単位
春学期(1月~5月) 15単位
コミュニティカレッジ卒業!(準学士号取得)
トータル約60単位
4年制大学の3年次編入
3年目(4年制大学)
秋学期(9月~12月) 15単位
春学期(1月~5月) 15単位
4年目(4年制大学)
秋学期(9月~12月) 15単位
春学期(1月~5月) 15単位
4年制大学卒業!(学士号取得)
トータル約120単位

厳密には専攻が分かれていますが、基本的には一般教養のクラスを履修していくため、文系・理系さえ決めていれば編入後に専攻を変えるのは難しくありません。もちろんすでに4年制大学で専攻したい学科が決まっている場合には、その学科に合わせたプログラムを履修していきます。

4年制大学編入プログラムについて詳しくはこちらのページ(【完全版】アメリカのコミカレから4年制大学卒業を目指すための基礎知識)をご覧ください。

コミュニティカレッジに通うメリットは?

ここまではコミュニティカレッジとはどういう大学かについて紹介してきましたが、ここからはいよいよ本題であるコミュニティカレッジのメリットについてご紹介していきます。

費用面でのメリット

アメリカの大学への留学にはお金がかかります。実は州立大学の場合、州内の学生(in-state)と州外の学生(out-state)では学費がかなり異なり、州外の学生の方が学費が高くなります。日本からの留学生の場合、州外の学生と同じかそれに近い学費となります。

2年制大学卒業を目指す場合

アメリカの4年制大学に留学するには金銭的に厳しいが、2年制大学であれば留学可能という方にはコミュニティカレッジのキャリアプログラム(職業訓練コース)がオススメです。

学費は、州や学校によってことなりますが、おおよそ年間8,000ドル~12,000ドルほどかかります。(1ドル=120円計算で約96万円~144万円ほど)卒業までにかかる学費としては、語学プログラムからスタートするか大学課程からスタートするかによってことなりますが、大学課程のみで約16,000ドル~24,000ドルほどとなります。(1ドル=120円計算で約192万円~288万円ほど)

4年制大学卒業を目指す場合

4年制大学卒業を目指す方でも金銭的には最初にコミュニティカレッジへ通うメリットがあります。一般的にアメリカではコミュニティカレッジはAffordable(手頃な価格)で通える大学と言われており、4年制大学より学費が安い場合がほとんどです。

例えば、同じ市内にある2つの大学で比べてみると、オレゴン州のユージーン市にある全米でも有名なオレゴン大学は1年間の学費が約33,345ドル(約400万円)、一方で2年制大学のレーンコミュニティカレッジは約9,000ドル(約108万円)です。

1年間の学費(3学期分) 日本円(1ドル=120円計算)
レーンコミュニティカレッジ(2年制) 約9,000ドル 約108万円
オレゴン大学(4年制) 33,345ドル 約400万円

いずれ4年制大学を目指すとしても、最初の2年間をコミュニティカレッジで過ごし、3年次から編入した方が費用面でも安くなる場合が多くあります。

学費の安い4年制大学はあるのか?

上記のオレゴン大学の学費をみて「編入しても学費が高すぎて3年次から2年間も通うのは難しい」と思った方もいるかと思います。確かにオレゴン大学以外でも知名度の高い大学や私立大学は留学生のとってかなり学費も高いです。

一方で、実はあまり有名ではない大学だったり、比較的アメリカ中部の大学だと、実はもともと学費がかなり安かったり、高校やコミュニティカレッジの成績次第で獲得できる留学生用の奨学金(学費の割引)があったり、州内の学生同様かなり安い学費で通える大学があったりと、探してみるとコミュニティカレッジとあまり変わりない学費で通える4年制大学もあるようです。またコミュニティカレッジによっては、そういった学費の安い4年制大学を積極的に紹介している大学もあるようです。

日本ではあまり有名でない大学でも、施設やサポートが充実していて学費も安いという4年制大学もありますので、コミュニティカレッジでよいGPA(評定平均)を取って、学費の安い4年制大学へ編入という道をあるということをお伝えできればと思います。

入学基準でのメリット

入学基準でみてもコミュニティカレッジに通うメリットがあります。

入学基準とは、アメリカの大学が入学する際に必要な英語力、または高校の成績のことです。アメリカの大学では日本の大学入学と違い、特に留学生の場合は入試がないため、基準となるのが、

  • TOEFLやIELTS(学校によっては英検)などの英語試験のスコア
  • 高校(大学)の成績

となります。

高校の成績について

4年制大学の場合

4年制大学へ入学を目指す場合、ほとんどの大学で入学基準として高校や大学など一番最近通った学校の成績を確認します。基準となる評定は各大学によって異なります。もし日本の高校での成績が基準に達していない場合、そもそも入学するのが難しいという状況になります。

コミュニティカレッジの場合

一方で、コミュニティカレッジの場合、実はほとんどの大学で基準点がありません。高校さえ卒業できていれば入学できるケースがほとんどです。中には基準点があるカレッジもありますが、逆にごく少数ですが、高校を卒業していなくても入学できる大学もあります。

コミュニティカレッジから4年制大学へ編入を目指す場合、基本的には高校の成績ではなく、コミュニティカレッジの成績が評価基準となります。よって、高校の成績があまりよくないがアメリカの4年制大学を卒業したいという方は、コミュニティカレッジからスタートするというのも選択肢の一つになります。

英語力について

アメリカの大学では授業は英語で行われますので、入学の際にはある程度の英語力が必要となります。大学側としては、留学生の英語力を判断する基準としてTOEFLやIELTSといった英語試験のスコアを用います。

4年制大学の場合

4年制大学の場合、TOEFLやIELTSの基準となるスコアがコミュニティカレッジより高い場合が多いです。各大学によって基準点は異なりますが、TOEF iBTの場合61-80以上という大学が多く、入学難易度が高い大学になると100以上を求める大学もあります。これはなかなか難しいスコアです。

コミュニティカレッジの場合

一方コミュニティカレッジの場合、4年制大学よりは低い基準の場合がほとんど。弊社でご紹介している大学はTOEFL iBT61以上という大学が多く、中には45以上という大学もあります。TOEFLやIETLSといった英語試験のスコアをクリアする時間や語学学校などに通う費用を考えると、入りやすいコミュニティカレッジに一旦進学し、その中で大学の授業を取りながら英語力も付けて3年次から4年制大学へ編入するというのも時間と費用を節約できるよい選択かと思います。

ESL/IEP(語学プログラム)について

実はこの英語基準について、アメリカの大学の中には入学基準に達していない学生でも入学し、英語力向上を目指すESL(English as Second Language)やIEP(Intensive English Program)と呼ばれる留学生用の語学プログラムを開講しているところがあります。ESL/IEPの場合、通常入学の際に英語の基準がなく、だれでも入学できるケースがほとんどです。「まだ英語力は不足しているけど、早くアメリカの大学に行きたい!」「アメリカに行って英語を学びたい」という方におすすめのプログラムとなっています。

ただし、このESL/IEPについては注意点があります。

  • ESL/IEPの授業は大学が開講している授業ではあるが、大学レベルの単位には含まれない→卒業を目指す際に単位として数えられない。
  • 4年制大学のESL/IEPの場合、そのプログラムを修了してもTOEFLやIELTSで基準点を突破できないと大学課程の授業を履修できない大学がある。→コミュニティカレッジの場合、ESL/IEPをすべて修了するとそのままTOEFLやIELTSのスコア提出不要でその次の学期から大学課程の授業を履修できる場合が多い。

ESL/IEPについて詳しくはこちらのページ(アメリカ・コミュニティカレッジのESLの費用)をご覧ください。

メリットまとめ

  • 費用面でみてもコミュニティカレッジの方が良心的
  • 4年制大学卒業を目指す人でも1.2年次はコミュニティカレッジに通ったほうが学費を節約できる
  • コミュニティカレッジの方が高校の成績や英語力などの判断基準をみても大学に入りやすい場合が多い

コミュニティカレッジにデメリットはないのか?

ここまではコミュニティカレッジのメリットについてご紹介してきましたが、一方でデメリットはないのか?と言われると4年制大学に比べると劣ってしまう点もあります。

学業(学歴)面

編入を考えず、コミュニティカレッジ卒業のみと4年制大学卒業を比べると、やはり学業面や学歴面で少しデメリットを感じてしまうかもしれません。一般的には、コミュニティカレッジで学ぶ内容よりも4年制大学の3,4年次で教わる内容の方がより専門的なことを学習する場合が多いです。もちろん、大学院までいけばさらに専門的なことを学習します。学業面で言えばこの差はあるかと思います。また就職面でも、大学卒業以上を募集条件としている場合、コミュニティカレッジ卒業は含まれない場合がほとんどですので、より自分が働きたい場所を増やしたい場合には、一般的にはなりますが4年制大学を卒業しておいたほうが良いかもしれません。

施設面・サポート面

一概には言えませんが、比較的アメリカの場合、4年制大学の方がコミュニティカレッジなどの2年制大学より施設面やサポート面で充実している場合があります。たとえば、クラスルームやラボ、図書館、コンピュータールームなどはどちらかというと費用も高い4年制大学のほうが充実した設備を提供している場合があります。また、授業でわからないことがあった場合などに利用する個別指導センター(Writing CenterやTutoring Center)なども4年制大学の方がより専門的なスタッフがいる場合があります。コミュニティカレッジでもある程度の施設やしっかりとしたサポートを受けることはできますが、より4年制大学の方が充実した設備、サポートがある場合が多いです。

ハウジング

コミュニティカレッジの場合、元々が地元の学生向けの学校であったという背景から、学生寮を完備している大学がほとんどないという点が挙げられます。弊社でご紹介しているコミュニティカレッジでも学生寮がある大学は3校ほどしかありません。(詳しくはこちらのページ〈寮があるオススメのコミュニティカレッジ〉をご覧ください。)寮があっても基本的にはアパートタイプ(シェアタイプ)の学生寮が多い為、学食などはなく、食事は自炊というのがほとんどです。ちなみに、寮がないコミュニティカレッジの場合、滞在方法は基本的にホームステイとなります。

一方で4年制大学の場合は学生寮を提供している大学がたくさんあります。また学食があり、ミールプランと呼ばれる学食でいつでも食事をできるサービスを提供している大学もたくさんあるため、学生寮に住みたい+学食があったほうが良いという方にはコミュニティカレッジのハウジングでは物足りないかもしれません。

まとめ

より専門的に学習したい!やっぱり4年制大学を卒業したい!という方にはコミュニティカレッジのみの卒業を目指すというのは物足りなさがありますし、施設面・サポート面・ハウジングでは4年制大学の方が充実しているという点があります。ただし、4年制大学卒業を目指す場合、コミュニティカレッジ卒業後に4年制大学へ編入しても3,4年次で学ぶ専門課程にかわりはありません。また施設面・サポート面・ハウジング面も、4年制大学が充実しているだけであって、コミュニティカレッジが特に酷いわけではありません。中にも4年制大学と比べて遜色ないサービスを提供しているコミュニティカレッジもあります。もちろん最初から4年制大学へいくのもとても充実した留学生活を送れるかと思いますが、費用面や条件面などを考えてコミュニティカレッジから留学をスタートするのも良い選択なのではと弊社では考えています。

資料請求

TEAM Sugi & 留学ポケットは、当サイトでご紹介しているすべてのコミュニティカレッジの日本正規代理店です。正規エージェントだからこそ、手続き代行手数料無料で留学のお手伝いをさせて頂いております。

まずは、資料請求からお気軽にお問い合わせください。

渡米までの安心サポート

紹介校入学手続き【無料】

 

ビザ申請サポート【無料】

 

滞在先手続き【無料】

 

-コミカレ情報, 留学おすすめ情報

Copyright© 留学ポケット , 2019 All Rights Reserved.