fbpx

Sugi's コラム 留学おすすめ情報

アメリカ大学留学中の奨学金について【Sugi's コラム】

更新日:

こんにちは!TEAM Sugi代表のSugiです。

アメリカの大学へ留学!となると費用もかかることなので、少しでも授業料を安くしたいという方も多いかと思います。

そこで今回は、アメリカの大学へ留学する際に大学側からもらえる【奨学金】、その中でも返済不要、つまり授業料の割引があるものについて書いていきたいと思います。

コミュニティカレッジの奨学金

まずは当サイトでご紹介しているコミュニティカレッジ(公立2年制大学)の奨学金についてです。コミュニティカレッジの場合、元々の授業料が良心的ということもあり、奨学金を獲得することはなかなか難しいです。

弊社でご紹介している大学では、500ドルほどの奨学金や多いところで2500ドルほどの奨学金(いずれも授業料からの割引)を獲得できるところもありますが、競争率もかなり高いです。

今まで弊社から留学した生徒の声を聞くと、現地大学の留学生サポートオフィスに奨学金について質問しに行って、あまり知られていない奨学金をゲットできた方や、奨学金とは少し異なりますが、学校の本屋さんでアルバイトをしたら授業料が免除なった(やすくなった)という方もいました。

元々4年制大学に比べて授業料が安いコミュニティカレッジですが、さらに授業料を安くしたいという方は、留学後に留学生のサポートオフィスに行き、情報を集めることをおすすめします。

4年制大学の奨学金

4年制大学の奨学金はコミュニティカレッジより大幅に受け取ることができる場合があります。

有名な大学の場合は、かなり難しいかもしれませんが、よく調べると、留学生用にかなりお得な奨学金を出している大学があります。

一例としまして、私の母校であるUniversity of Wisconsin Superiorでは留学生用の奨学金としまして、年間$5,600から$7,500の奨学金が卒業までもらえる制度があります。UWSの年間予想学費が$16,040なので、もし7,500ドルの奨学金を受け取ることができれば、年間の学費が8,540ドルとコミュニティカレッジの学費より安くなります。

このように、かなりお得な奨学金を出している大学もありますので、興味のある大学がある方は奨学金について調べるみることをおすすめします。

弊社としては、なるべく費用を抑えて留学したいという方にコミュニティカレッジへまず入学し、そこで高いGPA(評定平均)を取って、奨学金を獲得して4年制大学へ3年次から編入するという方法をおすすめしています。弊社紹介校の担当の方も言っていましたが、コミュニティカレッジでのGPA次第ではかなり高額の奨学金を出してくれる4年制大学もあるようです。

資料請求

TEAM Sugi & 留学ポケットは、当サイトでご紹介しているすべてのコミュニティカレッジの日本正規代理店です。正規エージェントだからこそ、手数料無料で留学に関する各種手続きをサポートいたします。

まずは、資料請求からお気軽にお問い合わせください。

渡米までの安心サポート

紹介校入学手続き【無料】

 

ビザ申請サポート【無料】

 

滞在先手続き【無料】

 

-Sugi's コラム, 留学おすすめ情報
-

Copyright© 留学ポケット , 2020 All Rights Reserved.